1. ホーム
  2. レシピ
  3. ≫ナスと揚げ出し豆腐の作り方@簡単にできる和食の定番レシピ

ナスと揚げ出し豆腐の作り方@簡単にできる和食の定番レシピ

ナスと揚げ出し豆腐の作り方

居酒屋でもおなじみ、揚げ出し豆腐!よく口にするけれど、若いかたはあの料理がどうやってできているのか、意外と知らない人が多いのではないでしょうか。今回は定番の揚げ出し豆腐の作り方と、アレンジとしてナスを加えたものを紹介します。

ナスはオイシックスのもの。秋茄子は嫁に食わすなと言われるほど美味しいものですが、ことわざ通り、ツヤツヤで新鮮なものが届きましたよ!ナスとお豆腐の相性は、麻婆豆腐などで実証済み。
【参考】オイシックスの「おいしいものセレクトコース」を定期購入した正直な感想・口コミ

でも、せっかく新鮮な野菜が手に入ったなら、味付けの濃い料理より、お出汁だけでじっくり素材の味を楽しみたいですよね。

急なおつまみ作りの際、冷蔵庫の中のお豆腐を冷奴にする季節はもう過ぎました!誰でも作れる、あったか簡単レシピを是非お試しください。

材料と作り方

ナスと揚げ出し豆腐の作り方

■使用する材料(2人前)

  • 絹ごし豆腐…150g
  • ナス(小)…2本
  • 片栗粉…適量
  • かつお節…ひとつかみ
  • 出汁昆布…5センチ1枚
  • 醤油…大さじ1杯
  • 水…200cc
  • オリーブオイル…大さじ3杯
1人前あたりの予算は約100円。それでは作り方です。

鍋に水を張り、出汁昆布を20分間浸します。その間に豆腐をキッチンペーパーで包み、ザルに乗せて上から重石を置いて水抜きします。

水抜きの時間は約20分ですが、時間がないときはキッチンペーパーで包んで耐熱皿に乗せて、2分から3分ほどレンジで温めると水抜き完了です。ナスは縦に2分の1にカットして、皮の部分に深めに格子状の隠し包丁を入れます。10分間、水に浸してアクを抜きましょう。

昆布がふやけたら火にかけてかつお節を入れて出汁を取ります。豆腐とナスに片栗粉を全面に満遍なくまぶして、フライパンにオリーブオイルを引いて揚げ焼きにします。

ナスと揚げ出し豆腐の作り方

こんがり揚がったら、醤油を足した出汁に浸して完成です。調理時間は約30分です。

ナスと揚げ出し豆腐の作り方

もう居酒屋では食べられないと言わしめた家庭の味

ナスと揚げ出し豆腐の作り方

揚げたての揚げ出し豆腐の美味しさは何とも言えません。「一度食べると外のを食べる気がしない」と夫が言うだけのことはあります。豆腐が揚げただけでこんなにパリパリフワフワになるの?と驚いてしまいます。ナスも内側はトロトロ、外側はパリパリでとにかく食感が楽しい。

私は揚げたてが好きですが、夫は少し衣がしんなりするくらいまで出汁に漬け込んだものが好きなようです。衣に優しい味の出汁がたっぷり染み込んで、噛むとジュワッと口の中に広がるのがたまらないんだとか。

熱いのが苦手なかたは、冷やして食べてもいいですね。一度硬く揚げた衣は、出汁の中で冷めてしまってもふやけず、サクサクとした食感のまま。氷水で手早く冷やすと更に美味しさが保たれますよ。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。