1. ホーム
  2. レシピ
  3. 時短メニュー
  4. ≫いんげんの春巻き揚げ@たった5分の時短節約レシピ

いんげんの春巻き揚げ@たった5分の時短節約レシピ

いんげんの春巻き揚げ

食卓が寂しいからあと一品欲しい!というときや、旦那さんからいきなり「おつまみ作って」と言われたときに活躍するのが春巻きの皮。今回は旬の野菜、いんげんを使った春巻き揚げをご紹介します。

らでぃっしゅぼーや※の西日本産いんげんは歯応え豊かで彩りも綺麗。調理時間わずか5分という時短レシピながら、お皿に盛り付けるととても手の込んだお料理に見えます。ごはんや晩酌だけでなく、スナック感覚でつまめるから、お子さんのおやつにも最適です。

※ 現在、我が家ではらでぃっしゅぼーやの『らでぃっしゅクラブMセット』を定期購入中です。詳しい口コミは次のページで詳しく紹介中です。
【参考】らでぃっしゅクラブMセットの口コミはこちら

今回は揚げ焼きと呼ばれる調理方法で、オリーブオイルを大さじ1杯しか使いません。とてもヘルシーで洗い物も最小限なのが魅力的ですね。主婦として、こんなにいいことづくめのレシピはありません!

材料と作り方

いんげんの春巻き揚げ

■使用する材料(2人前)

  • いんげん…18本
  • 春巻きの皮…6枚
  • にんにくチューブ…適量
  • クレイジーソルト…少々
  • オリーブオイル…大さじ1杯
1人前あたりの予算は約100円です。

それでは作り方を紹介します。春巻きの皮を10センチ四方にキッチンばさみでカットします。円形のものより20センチくらいの正方形のものを4等分にするのがおすすめです。いんげんは両端を切り落としておきましょう。

春巻きの皮の真ん中にいんげんを3本乗せ、いんげんの真ん中辺りににんにくチューブを1センチほど出します。上からクレイジーソルトを振ったら、端から春巻きを巻いていきます。具材が巻き終わったら、春巻きの皮の端は水で濡らして軽く止めます。

いんげんの春巻き揚げ

次に、フライパンにオリーブオイルを大さじ1杯垂らして、熱くなったら春巻きを乗せていきます。まず、水で止めている側を下にして、油が満遍なく行き届くよう、フライパンを時々軽く揺らしてください。焦げ目がついたら、ひっくり返して裏側も同様に揚げ焼きにします。

いんげんの春巻き揚げの作り方

全面がこんがり焼けたら完成です。調理時間はわずか5分です。

おつまみからパーティーまでカバーする優秀レシピ

いんげんの春巻き揚げ

パリパリとした春巻きの食感とシャキシャキ感が残るいんげんが最高の一品です。にんにくと塩というシンプルな味付けなので、野菜本来の味が楽しめます。素朴な料理ですが、春巻きで巻いて揚げることで、手間のかかったものに見えるのが嬉しいですね。

いんげんの他にアスパラガスでもよくやります。水分が出やすい野菜だとカリッと仕上がらないので、包丁を入れずに済む細長い形状のものを選ぶと失敗しないでしょう。

お客様がいらっしゃるときは、チーズを乗せたり、クミンをまぶしてカレー風味にしたり、数種類にアレンジして大皿に盛りつけるとパーティーメニューに変身しますよ。指でつまんで食べられるので、お子さんにも喜ばれるレシピです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。