1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫トマトのミートソースパスタのレシピ@赤ワインでじっくり1時間煮込んで美味しく

トマトのミートソースパスタのレシピ@赤ワインでじっくり1時間煮込んで美味しく

トマトのミートソースパスタの作り方

大人から子どもまで大好きなパスタと言えば、ミートソースのパスタですよね!今回はオイシックスのトマト缶と玉ねぎを使って、手作りミートソースを作りました。
【参考】オイシックスのお試しセットのレビューはこちら

新鮮な玉ねぎをじっくり弱火で炒めて、トマトと赤ワインでコトコト1時間煮込んだソースは、野菜の甘みがひき肉にギュッと詰まった濃厚な味わいに。でも、意外に胃もたれしないのは、市販のトマトソースを使わず、そのときの舌で塩気を決めることができるから!

冷蔵庫で3日、冷凍庫でなら1ヶ月は味を損なわずに保存できるので、ひき肉やトマト缶が安いときに、鍋いっぱいに作って小分けにしておくのもおすすめです。煮込むだけなので、ホームパーティーの主食にもちょうどいいですよ。

材料と作り方

トマトのミートソースパスタの作り方

■使用する材料(2人前)

  • トマト缶(ホール)…400g
  • ひき肉(牛豚)…300g
  • 赤ワイン…250cc
  • クレイジーソルト…大さじ1杯
  • にんにく…3カケ
  • ローリエ…1枚
1人前あたりの予算は約200円。それでは作り方です。

にんにくを包丁の背で叩き潰し、玉ねぎはみじん切りにしておきます。オリーブオイルをフライパンに引いて、にんにくを入れ、香りが立ったら玉ねぎを炒めていきます。

弱火でじっくり20分火を通し、飴色になったら、一旦玉ねぎだけフライパンから下ろしてください。

トマトのミートソースパスタの作り方

次に、同じフライパンでひき肉を炒めます。完全に火が通ったら、先ほど炒めた玉ねぎ、赤ワイン、トマト缶、ローリエを入れて、煮立たせます。沸騰したら火を弱め、そのまま1時間蓋をして弱火で煮詰めてください。

トマトのミートソースパスタの作り方

時折、蓋を開けて中を確認し、水気が少なくなってきたら、クレイジーソルトで味を整えます。最後に火を強くして、完全に水気がなくなったら完成です。煮込みの時間を除いた調理時間は約30分です。

外のミートパスタは食べられない絶品ソース

トマトのミートソースパスタの作り方

嬉しいことにこれを作ってから、夫が「外のミートパスタは食べられなくなった」と言ってくれるようになりました。1時間煮込んだひき肉はトロトロになり、玉ねぎは口に含むとスッと姿を消すほどになっています。

濃厚なのに、赤ワインとローリエで煮詰めているので、後味はさっぱり。鼻に抜けるハーブの香りがたまりません。

大人だけのときは、これに水で戻したポルチーニを入れています。お出汁が効いて、苦味が加わることで、更に深い味わいに変化します。お子さんにはポルチーニは椎茸のように感じるようで、あまり向いていないかもしれないです。

小さなお客様には、たっぷりチーズを乗せて出すと好評です。みんなで唇をオレンジ色にして頬張るミートパスタ、是非チャレンジしてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。