1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫ほうれん草のドライカレーのレシピ@5種類のスパイスで本格派

ほうれん草のドライカレーのレシピ@5種類のスパイスで本格派

ほうれん草のドライカレーのレシピ

体をとにかく温めたいときに活用したいのがスパイス!今回はカレー粉を使わず、5種類のスパイスを調合して本格的なドライカレーを作りました。具材はひき肉、トマト、ビオマルシェのほうれん草というシンプルなドライカレーです。
【参考】ビオマルシェお試しセットの口コミ・評価@有機JAS認定の野菜

スパイスの調合なんて難しいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、今回使うものは基本のスパイスです。目分量ではなく、きちんとスケールを使うので失敗知らず。個性的なスパイスは入れません。

このレシピの調合さえ覚えたら、スパイシーチキンやスープカレー、カレー風味のサラダなど、活用の幅は無限大!慣れてきたら、ココナツミルクやヨーグルトを足して甘みを出したり、コーヒーを足してコクを出すのもオススメですよ。

材料と作り方

ほうれん草のドライカレーのレシピ

■使用する材料(2人前)

  • ほうれん草…4束
  • ひき肉…300g
  • トマト(中)…3個
  • にんにく…2カケ
  • クミン…小さじ1杯
  • コリアンダー…小さじ1杯
  • ターメリック…小さじ2分の1
  • カイエンペッパー…小さじ1杯
  • ガラムマサラ…小さじ1杯
  • 塩…小さじ1杯
1人前あたりの予算は約200円。それでは作り方です。

にんにくはみじん切りに、ほうれん草は3センチ幅に、トマトは2センチ幅にカットしておきます。

鍋にオリーブオイル大さじ1杯を引いてにんにくを炒め、香りが立ったらひき肉を炒めます。

ほうれん草のドライカレーのレシピ

ひき肉に完全に火が通ったら、トマトとほうれん草を加え、全体がしんなりするまで炒めてください。ほうれん草のカサが減ったら、クミン、コリアンダー、ターメリック、カイエンペッパー、塩を振りかけて馴染ませます。

ほうれん草のドライカレーのレシピ

味見をして辛味が足りないならカイエンペッパー、コクが欲しいときはクミンとコリアンダーを足して、味を調整してください。最後にガラムマサラで全体を整えて完成です。調理時間は約20分です。

後を引く辛さにやみつき!野菜との相性も抜群

ほうれん草のドライカレーのレシピ

カレーが大好きな夫が一口食べたところ「甘いな」と言った直後に「からっ!後から来る!」と喜んでいました。野菜の甘みが先に来るのですが、ふわっと鼻にスパイスの香りが昇り、後を引く辛さとなりました。

カレー粉やルーで作ると、素材の味を味わう間もなくカレーの風味で満たされますよね。

あの昔ながらのカレーの味もいいのですが、無農薬の野菜が手に入ったときは絶対にスパイスです。野菜とのコンビネーションを楽しめます。

食べたあとは体が熱くて季節外れの半袖に(笑)スパイスカレーを楽しんだ夜は足の指先までポカポカで眠れます。鼻の通りもすっきりとよくなるので、秋終盤の花粉症や風邪の症状にお悩みの人にはかなりオススメです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。