1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫原木しいたけの肉詰めのレシピ@天ぷらにしてジューシーに

原木しいたけの肉詰めのレシピ@天ぷらにしてジューシーに

原木しいたけの肉詰めのレシピ

ミレーから大きな原木しいたけが届きました。今回はしいたけの傘に鶏ひき肉を詰めてカラッと天ぷら粉で揚げた原木しいたけの肉詰めを作りました。熱を加えることで、傘からジワっと出汁が染み出して、ひき肉に溶け込み、深みのある味に仕上がります。
【参考】ミレーの宅配野菜お試しセットの口コミ

鶏ひき肉は、しいたけの出汁を生かすため、あえて生姜と塩で練り上げるだけ。簡単にできてしまいます。

小麦粉をひき肉のつなぎに使っているため、そのまま素揚げにしても美味しく頂けますが、天ぷらにすると出汁を閉じ込めることができ、よりジューシーな食感になります。

おつまみはもちろん、ボリューミーでメインのおかずにもなりますし、生姜でエグ味を抑えているので、しいたけが苦手なお子様にもおすすめです。

材料と作り方

原木しいたけの肉詰めのレシピ

■使用する材料(2人前)

  • 原木しいたけ…8個前後
  • 鶏ひき肉…100g
  • 生姜チューブ…5センチ
  • 小麦粉…ティースプーン1杯
  • 塩…少々
  • 天ぷら粉…80g
  • 水…100g
  • オリーブオイル…150cc
1人前あたりの予算は約200円。それでは作り方です。

原木しいたけは水で洗うと出汁が流れてしまうため、汚れは小さなナイフで軽く落とし、石づきをカットし、なるべく傘が平らになるようにします。

鶏ひき肉に小麦粉、生姜チューブ、塩を入れて、よく練り合わせます。このとき、粘り気が出にくい場合は小さじ1、2杯の水を加えてください。原木しいたけの傘の部分にひき肉のタネをしっかり隙間なく入るよう詰めていきます。

原木しいたけの肉詰めのレシピ

出来上がったしいたけの肉詰めを、水で溶いた天ぷら粉に裏表満遍なくつけ、180度のオリーブオイルで揚げましょう。揚げるときは、傘の部分から揚げていくと、肉に火が通りやすくなりますよ。両面がカラッと仕上がったら完成です。調理時間は約20分です。

原木しいたけの肉詰めのレシピ

アツアツのお出汁と肉汁がたまらない一品

原木しいたけの肉詰めのレシピ

口に運ぶとサクッという衣の音と同時に、ジュワッと出汁を含んだ肉汁が溢れ出て「熱っ!」となりました(笑)これは冬に美味しい食べ物の特徴です。一口で頬張るとハフハフ口から湯気を出しながら何とか飲み込む。熱い、なのにやめられない!

私は熱々のこれを、ビールで流し込むのが大好きです。夏に美味しいビールですが、冬はサッポロビールのように、風味の高い銘柄がよく出回りますよね。味の濃いビールはお出汁の効いた味の濃いおつまみが最適です。

今回は生姜を使いましたが、肉詰めしたあと、シソで巻いてから揚げるのもおすすめです。パクチーも美味しかったです。香りが高い原木しいたけには香味野菜がよく合うので、いろいろ試してみたいですね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。