1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫野菜たっぷり絶品キーマカレーのレシピ@サラダいらずの一品

野菜たっぷり絶品キーマカレーのレシピ@サラダいらずの一品

キーマカレー

紹介する料理は、野菜たっぷりのキーマカレーです。

今回はにんじんとピーマン、たまねぎを使いましたが、この他にも冷蔵庫の中の余り野菜を入れてかさ増しすることができます。

半端に余ってしまった野菜を使い切りたいとき、野菜をたくさん食べたいときにおすすめのレシピです。

市販のカレールーではなくカレー粉を使い、少し辛めの味付けになるため、基本的には大人向けとなります。でも、りんごやはちみつ等で甘みを足せばお子さんでもおいしく食べてていだけます。

カレー粉で作るカレーってあっさりしすぎてしまうことが多いのですが、ひき肉の入ったキーマカレーならすごくジューシーになるんです。

これ一品だけでお腹も満足ですし、野菜がたくさんなのでサラダ等を作れなくても栄養バランスはバッチリですよ!

詳しい作り方を解説

キーマカレーの材料

まずは、野菜ときのこをすべてみじん切りにしてください。にんにくとしょうがも細かいみじん切りに。

フライパンで炒めて野菜ときのこに火を通したら、一旦皿に出しておきます。同じフライパンににんにくとしょうがを入れ、香りが出てきたらひき肉を炒めます。

肉の色が変わったら、塩こしょう適量とカレー粉大さじ3を入れてさらに炒め、出しておいた野菜ときのこを戻します。具材がひたひたになるくらいの水を入れ、コンソメとローリエを入れたら、水分がなくなるまで煮詰めてできあがりです。

炒める

野菜は最後に肉と一緒に煮込むため、しっかりと炒める必要はありません。ただ、たまねぎに関しては、あめ色とまではいかないまでも長めに火を通しておいた方がコクが出ます。

ひき肉を炒めたあとに出てくる油は、軽くキッチンペーパーでふくとっておくとカロリーオフできて、少しあっさりめの仕上がりになります。お好みで調整してみてください。

また、仕上げに温泉卵を乗せて一緒に食べると、辛さが和らぎ優しい味わいになります。

今回は2人分を一緒に作りましたが、調理時間はおよそ30分ほど。1人前当たりの予算は200円ほどです。

辛さの調整が簡単なので子供と夫の分を手間なく作り分けられる

私はカレーが好きで、普段からよく作るのですが、やっぱり市販のルーを使うとカロリーが気になってしまって満足に食べられないんです。でもこのキーマカレーならさほどカロリーを気にすることなく、お腹いっぱい食べることができます。

辛さの調整も簡単なので、辛いものが好きな夫の分も子どもの分も手間なく作れますし、おいしいと喜んで食べてくれるのも嬉しいポイントです。

特に子どもは、いつもは苦手なピーマンもこのカレーに入っているものならパクパク食べてくれます。煮込む時間は短い割に、きっちり野菜の甘みが感じられるからかもしれません。

残り野菜のお掃除メニューというとついついチャーハンやごった煮のスープばかり作ってしまいがちなので、このカレーには助かっています。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。