1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫白味噌仕立てのお雑煮のレシピ@梅の形のにんじんを浮かべて

白味噌仕立てのお雑煮のレシピ@梅の形のにんじんを浮かべて

白味噌仕立てのお雑煮のレシピ

皆さんのおうちのお雑煮は白味噌ですか?すまし汁ですか?私の住んでいる地方は関西のため、白味噌仕立てのお雑煮が基本です。今回はそんな我が家のお雑煮レシピを紹介します。

具材は鶏肉、三つ葉、きぬさや、にんじん、それに丸餅です。白いスープに色とりどりの具が浮かぶ、なんともおめでたいお椀ものになりました。

にんじんはお正月仕様で梅の形にカットしています。この一手間がいつもと違う特別なハレの日を演出。難しいと思われがちですが、意外と簡単にできますよ。今回はこのカットの仕方も細かく記載しているので、是非チャレンジしてくださいね。

雑煮はすまし汁派というかたも、残っているお餅があれば、白味噌仕立てを試してみてください。
【参考】にんじんチヂミのレシピ@冷蔵庫の余りものお片付け料理

材料と作り方

白味噌仕立てのお雑煮のレシピ

■使用する材料(2人前)

  • 鶏肉…100g
  • にんじん…3センチ
  • 三つ葉…少々
  • きぬさや…5本
  • 柚子の皮…少々
  • 白味噌…大さじ3杯
  • 鰹節…ひとつかみ
  • だし昆布…10センチ1枚
  • 丸餅…4個
1人前あたりの予算は約250円。それでは作り方です。

お椀2杯分の水にだし昆布を30分つけ置きした後、弱火にかけて、沸騰する直前にだし昆布を取り出し、鰹節を加えて一煮立ちさせます。煮立ったら火を止め、鰹節が沈んだタイミングで裏ごしして、出汁の完成です。

三つ葉は3センチの長さに、柚子の皮は3ミリ幅にカットし、きぬさやは節を取り除きます。

にんじんを5ミリ幅に輪切りにし、皮を剥いて、五角形の頂点部分にV字の切り込みを入れます。切り込みを丸くカットして花びらを作ったら、中心に向けて浅く斜めの飾り包丁を入れて立体的にしてください。

白味噌仕立てのお雑煮のレシピ

餅をトースターで5分間焼いているうちに、柚子以外の全ての具材を出汁に入れて強火にかけ、火が通ったらコンロから下ろして白味噌をときます。

白味噌仕立てのお雑煮のレシピ

お椀に汁を注ぎ、餅を入れて、柚子を飾ったら完成です。調理時間は約30分です。

見た目も鮮やかな新年にふさわしい一品

白味噌仕立てのお雑煮のレシピ

焼いた丸餅は白味噌のスープに溶け込んでトロトロに。お餅の甘みと白味噌の甘みがマッチした、優しい味のお雑煮です。

お雑煮はすまし派だった夫も、白味噌のお雑煮に今ではすっかりハマってしまい、お正月には「おせちはいらない。雑煮と珍味だけでいい」と言い出す始末(笑)おかげでお餅がなくなるまでは1月いっぱい、作るのが面倒なときはお雑煮で済んでいます。

初めは餅を焼かずに鍋に入れていたのですが、溶けて底に溜まってしまうのが嫌で、焼き餅を入れる形に収まりました。洗い物のときにラクチンなのでオススメですよ。

お雑煮って、地方で大体の味つけの傾向はありますが、試行錯誤してその家庭の味が完成するものだと思います。これは我が家の雑煮のレシピですが、一度試してみて、おいしかったら是非来年からも作ってみてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。