1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫絶品!中華粥のレシピ@にんじんとネギをたっぷり入れて

絶品!中華粥のレシピ@にんじんとネギをたっぷり入れて

中華粥のレシピ

今年の七草がゆ、皆さん食べましたか?我が家は夫が苦手なため、七草がゆをやりたいのにできません(笑)その代わり、食べ応えもありつつ、胃袋を休めてくれる中華粥を毎年出しています。

具は鶏ささみと長ネギ、それに卵。中華出汁でじっくりコトコト炊くことで、お米が出汁を吸い込んで優しい味になっています。今年はそこににんじんも加えて彩りを出してみました。

中華粥のポイントは卵の入れ方。上に乗せるのではなく、粥の中心部分に割り入れることで、匙を進めるにつれて程よい半熟卵がとろーっと姿を見せます。まずは粥だけ味わって、次に卵を絡めて味わうことができる、一度で二度美味しい一皿です。晩酌のあとのシメにもオススメですよ!

材料と作り方

中華粥のレシピ

■使用する材料(2人前)

  • 鶏ささみ…300g
  • にんじん…3分の1
  • 長ネギ…1本
  • 米…1カップ
  • 中華だし…ティースプーン2杯
  • 酒…2分の1カップ
  • 水…3カップ
  • 卵…2個
1人前あたりの予算は約250円。それでは作り方です。

鶏ささみは筋を取り除き、3センチ大にカットします。にんじんは3ミリの薄さに短冊切りに、長ネギは白い部分を白髪ネギに、青い部分を小口切りにしてください。

鍋に米と水2カップ、鶏ささみと中華だしを入れて強火にかけます。沸騰したらアクを丁寧に取り、弱火にして落し蓋をしてください。

中華粥のレシピ

10分間フツフツと煮詰め、全体がふやけたら、にんじんと白髪ネギ、水1カップを加えて更に10分間弱火で煮込みます。このときは落し蓋は不要です。

中華粥のレシピ

水気が少なくなり、米がいつもの倍の大きさにふやけたら火を止めます。器の半分まで粥を注ぎ、卵を割り入れて、上から覆うように粥をかけ、最後に青ネギの小口切りを散らしたら完成です。調理時間は約30分です。

中華街に学ぶ本格中華粥

中華粥のレシピ

一見シンプルなお粥ですが、ふんわり立ち上る鶏ガラダシの香りがなんとも食欲をそそります。口に運ぶと、一気に発汗(笑)お米の甘みと鶏の旨味が滲み出たとろみのある粥が喉から胃袋へ落ち、胃袋から指先まで温めてくれます。

中ほどまで進むと黄身の登場です。アツアツのお粥にサンドされた卵は半熟で食べ頃!更にお粥のコクや優しさを増してくれます。中華街で食べたお粥が、このように真ん中から卵が広がる一品だったので取り入れてみました。

より本格的に中華粥を再現したいかたは、ザーサイや刻んだピータンを加えたり、焼いた薄揚げを乗せると、ご自宅でも本場の味を楽しめますよ。そのときは是非、青島ビールで晩酌を楽しんだあとにしてくださいね
【関連】簡単なにんじんシリシリの作り方@お子様の人参嫌い対策

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。