1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫ブロッコリーの冷製ポタージュのレシピ@ビタミンたっぷり冷たいスープ

ブロッコリーの冷製ポタージュのレシピ@ビタミンたっぷり冷たいスープ

ブロッコリーの冷製ポタージュ

冷たい飲み物が美味しい季節、冬の定番ポタージュスープも冷やして頂くとまた一味違ったものになりますよ。

今回ご紹介するのはブロッコリーの冷製ポタージュスープです。色鮮やかで新鮮なブロッコリーは、らでぃっしゅぼーやで購入したものを使用しました。
【関連】らでぃっしゅクラブMセットのガチレビュー

独特の食感と香りが苦手という人も多いブロッコリーですが、キャラメル色まで炒めた玉ねぎと牛乳、コンソメでまろやかに仕上げています。よく冷やして魔法瓶に入れてピクニックに持っていくと、これからの季節、栄養たっぷりの水分補給になりますよ。

ミキサーを使ってよく撹拌するので、お子様からお年寄りまで難なく頂くことができます。夏風邪でダウンしている人にも、喉越しがいいのでおすすめです。

材料と作り方

ブロッコリーの冷製スープ

■使用する材料(1人前)

  • ブロッコリー…房2分の1
  • 牛乳…100g
  • 玉ねぎ…2分の1
  • コンソメキューブ…1コ
  • クレイジーソルト…お好みで
1人前あたりの予算は約200円。それでは作り方を紹介します。

今回、ブロッコリーで使うのは房の部分ですので、茎はカットして別の料理に使います。鍋に水と房を入れて火にかけます。房が柔らかくなってきたら、ザルに上げて粗熱を取ります。

ブロッコリーを冷ましているうちに、玉ねぎをみじん切りにして炒めます。 油はなんでもかまいませんが、バターを使うと仕上げにコクが生まれますよ。弱火でキャラメル色になるまでじっくり炒めましょう。色がついたら、火から下ろして粗熱を取ります。

ブロッコリーの冷製スープ

ブロッコリーと玉ねぎが冷めたら、ミキサーにかけます。このとき、牛乳100gも一緒に入れましょう。ブロッコリーと玉ねぎが完全になめらかになるまで撹拌します。出来上がったら、鍋に入れて、コンソメキューブを落として火にかけます。沸騰しないよう、弱火でふつふつと5分くらい温めます。

ブロッコリーのスープ

コンソメキューブが溶けたら火から下ろして粗熱を取り、冷蔵庫で1時間程度冷やして完成です。冷ましの時間があるため、調理時間は1時間半くらいと考えましょう。

テーブルを華やかにしてくれる夏のスープ

ブロッコリーの冷製スープ

このレシピはブロッコリーが嫌いという夫のために開発しました。一口目を食べる前は「ブロッコリーのスープ?おいしいの?」と斜めに見ていた夫ですが、今では「おっ、ブロッコリーじゃん。またスープやってよ」と言ってくるまでになりました。

牛乳仕立てでまろやかなので、スパイシーさが欲しいときは、玉ねぎを炒める際にニンニクと鷹の爪を入れています。ポタージュスープが一気にベトナム風に変化して、大人の味になります。

冷製ポタージュスープは芋やトウモロコシ、そら豆など、どんな野菜でもできますが、たくさん色を混ぜ合わせるより、緑なら緑と単色にしたほうがお皿に注いだとき華やかになります。今年もビタミン豊富な夏のスープ生活を楽しみたいですね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。