1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫野菜たっぷり鮭のちゃんちゃん焼き@子供も大好きなメニュー

野菜たっぷり鮭のちゃんちゃん焼き@子供も大好きなメニュー

ちゃんちゃん焼き

鮭のちゃんちゃん焼きは、北海道の郷土料理です。様々な野菜と鮭を味噌味で炒めた、漁師町で親しまれてきた料理だそうです。

バター風味の味噌ベースの味付けのおかげで、ごはんもどんどん進みます。蒸し焼きにした野菜はしんなりとしてかさが減るため、たくさんの野菜が食べられます。

お子様も喜んで食べてくれる料理です。また、調理方法も簡単です。本来の郷土料理では、大きな鉄板の上で作るのが主流ですが、家庭ではフライパン一つあれば、そこに材料を入れていくだけで作れるので、とても気軽に作ることができます。

今回のレシピは、最低限の野菜で作りましたが、他にも、白菜、ニラ、きのこなどどんな野菜を入れてもあうため、冷蔵庫の整理にも一役買う献立です。

野菜たっぷり鮭のちゃんちゃん焼きのレシピ

ちゃんちゃん焼き

■材料(2人分 1人前の予算は約250円)

  • 鮭:2切れ
  • キャベツ:1/4個
  • 玉ねぎ:1/2個
  • にんじん:1/3本
  • ピーマン:小2個
  • サラダ油:大さじ1
  • バター:大さじ1

■味噌だれの材料

  • 味噌:大さじ3
  • 酒:大さじ3
  • 砂糖:大さじ1
  • にんにくすりおろし:1片分(チューブでも可)

作り方(調理時間 約15分)

1.鮭に塩・こしょうをふっておく。また、味噌だれの材料をボウルに混ぜておく。

2.野菜を切る。キャベツはざく切り、玉ねぎは1cm幅の櫛切り、にんじんは薄い短冊切り、ピーマンはざく切りにする。

3.フライパンにサラダ油を引き中火で温め、まず鮭を入れ、きつね色の焼き色がつく程度まで両面を焼く。

4.鮭に焼き色がついたら、切った野菜を鮭の周りに入れる。さらに混ぜておいた味噌だれを、野菜全体にかかるように回しかける。

ちゃんちゃん焼き

5.火を弱火にし、フライパンにフタをして、5分程度蒸し焼きにする。

6.野菜に火が通り、しんなりすれば、バターを入れて完成

野菜が少し多いように感じることもありますが、蒸し焼きにすると大分かさが減るので、ちょっと多いかなぐらいでも大丈夫です。

野菜な苦手な子供もペロリと食べられる

鮭のちゃんちゃん焼きは、バターと味噌の香りが特に食欲をそそります。またにんじんのオレンジ、ピーマンの緑など、野菜の彩りも良く、見た目にも美味しいです。

さらに鮭と野菜に味噌だれがとても良くあうので、ごはんがどんどん進みます。調理過程で蒸されているからか、キャベツや玉ねぎなどに野菜本来の甘味が感じられ、野菜が苦手なお子様もペロリ一皿平らげてしまうほど、人気の献立です。

フライパンで作って皿に盛りつけて食卓に出してもいいですが、本来の郷土料理らしく、ホットプレートで豪快に作っても、家族みんなでワイワイ楽しみながら、熱々な状態で食べられるのでおすすめです。

食卓では肉料理が人気になりがちですが、このちゃんちゃん焼きは、魚も野菜も大好きになる、健康的な献立です。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。