1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫焼きナスの甘酢ダレ仕立てのレシピ@血液サラサラになろう

焼きナスの甘酢ダレ仕立てのレシピ@血液サラサラになろう

焼きナスの甘酢ダレ仕立て

エアコンに当たりすぎて体が冷えてしまったり、熱気にやられて食欲が落ちたり、何かと体調を崩しやすい今の季節、積極的に摂取したい食材がお酢です。

お酢には血液をサラサラにする役割があり、血行促進で冷え性や胃腸の働きを改善してくれるのです。

今回はらでぃっしゅぼーや※の香り高いニラを使って、焼きナスの甘酢タレを作りました。ニラとお酢のコンビでいつもの焼きナスが、また一風変わったおかずになりますよ。

※ 我が家で定期購入中のらでぃっしゅぼーや(らでぃっしゅクラブMセット)の詳しいレビューは次の記事でチェックできます。
【参考】らでぃっしゅクラブMセットを実際に試してみた口コミ・感想

温かいままでも、冷やしても美味しいので、そのときの体調に合わせた温度で食べられるのも嬉しいですね。私は風邪気味のときにこれを食べると、翌日にはすっきり回復しています。皆さんも是非8月の疲れを吹き飛ばしてくださいね。

材料と作り方

焼きナスの甘酢ダレ仕立ての材料

■使用する材料(1人前)

  • 豚肉…100g
  • ナス…1本
  • ニラ…3束
  • 酢…大さじ1杯
  • 醤油…大さじ1杯
  • 砂糖…小さじ2杯
  • みりん…大さじ1杯
  • ごま油…大さじ1杯
1人前あたりの予算は約250円。それでは作り方です。

ナスを縦に半分に切り、皮に格子状の隠し包丁を入れ、10分間水に浸けてアク抜きします。その間にニラを3センチの長さに、豚肉を1センチ幅にカットします。

ナスのアク抜きが終わったら、フライパンにごま油を引き、皮のほうからナスを焼いていきます。両面にこんがり焼き色がつくまで焼いてくださいね。焼き色がついたら、一旦バッドに出しておきます。残ったごま油で豚肉を炒めていきましょう。

豚肉はカリカリになるまで火を通します。このとき、豚肉がフニャフニャだと、味に締まりがなくなるので気をつけてください。

焼きナスの甘酢ダレ仕立ての作り方

焼いたベーコンくらいの固さに仕上がったら、ナスとニラ、調味料を全て入れて一煮立ちさせて完成です。調理時間は約15分です。

焼きナスの甘酢ダレ仕立ての作り方

豚肉の食感とタレ、香味野菜に箸が止まらない!

焼きナスの甘酢ダレ仕立て

トロトロのナスとカリカリの豚肉に甘酢タレが染み込んで、噛むたびにジュワッと甘酸っぱさが口の中で広がります。ニラの風味と酢の酸味が見事に調和しているので、飲兵衛の夫は必ずビールを出してきます(笑)

アクセントに使う野菜はニラ以外にも、ミョウガやシソ、おろしニンニクなど、香味野菜なら何でも合いますね。お酢の香りに負けない野菜を使うといいでしょう。

この料理で大切なのは、ナスと豚肉に焦げ目をつけること。焦げ目があるのとないのとでは、全くの別物になってしまいます。

甘酢タレ自体にインパクトがあるので、強く熱を加えて素材の旨みを極限まで引き出しておきましょう。それさえ守っていれば、タレに具が負けることなく、美味しく仕上がってくれますよ。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。