1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫夏野菜のポトフのレシピ@素材の味を活かした優しいスープ

夏野菜のポトフのレシピ@素材の味を活かした優しいスープ

ポトフのレシピ

大地宅配のお試しセットに入っていた商品を出していると、無添加のおいしそうなソーセージが入っていたので、今回は夏野菜たっぷりのポトフを作りました。トマト以外は全て大地宅配のお試しセットの材料です。

冬のイメージが強いポトフですが、使う野菜を旬のものにするだけで、夏の香り満載のスープになりました。

せっかくの低農薬、無添加の食材は、ローリエとコンソメキューブのみのシンプルな味付けでいただきます。宅配野菜を利用していないご家庭でも、プランターで育てた野菜や、新鮮な野菜でしたら、今回のレシピを是非参考にしてみてくださいね。

食材そのものの味を活かしたスープは、食材を鍋に入れる順番が大切ですので、その点に注目して読み進めてください。

材料と作り方

ポトフのレシピ

■使用する材料(4人前)

  • ソーセージ…6本
  • にんじん…1本
  • ズッキーニ…2分の1
  • じゃがいも…2個
  • キャベツ…150g
  • トマト…2個
  • ローリエ…2枚
  • コンソメキューブ…1個
1人前あたりの予算は約250円。それでは作り方です。

まず、じゃがいもを3センチ大にカットし、10分程度、水にさらします。じゃがいものアク抜きをしている間に、にんじんを5ミリのいちょう切りに、キャベツは2センチ幅に、ズッキーニは1センチ幅にカットし、トマトはくし形に切ります。

ポトフ

じゃがいものアク抜きが終わったら、100ccの水を鍋に張り、じゃがいもとにんじんを茹で上げます。じゃがいもに菜箸がスッと通るようになったら、キャベツ、ズッキーニ、トマト、ローリエを入れて、蓋をして15分間煮ていきましょう。

ポトフの作り方

全ての野菜が柔らかくなったら、水の量を調節し、ソーセージとコンソメキューブを入れて蓋をして、10分間弱火で煮詰めます。全体に味が染み込んだら完成です。調理時間は約30分です。

自然の味が凝縮したスープ

ポトフ

トマトベースのスープに、プリプリのソーセージ、ホクホクの野菜たちという、食感の楽しいポトフになりました。キャベツとトマトという、水分量の多い野菜を入れたので、水を足すのは本当に最小限。野菜本来のうまみが滲み出た一皿です。

ベースが新鮮な野菜の水分だと、いろんな味付けはいりません。コンソメがなければ塩胡椒でも十分おいしくいただけると思います。

野菜を入れる順番は、基本的に固いものから茹でていけば失敗しませんが、ソーセージは茹ですぎるとプリプリ感が損なわれてしまうので、最後の5分から10分で火を通しましょう。

夏野菜を使うと、温かいスープでも季節感が増すのはカレーと一緒ですね。いいソーセージが手に入ったら是非試してみてください。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。