1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫夏野菜のグラタンのレシピ@ブルーチーズで大人の味に!

夏野菜のグラタンのレシピ@ブルーチーズで大人の味に!

グラタン

グラタンというと、子どもが好きなイメージがあるメニューですが、今回は大地宅配お試しセットで購入したじゃがいもとプチトマト、ズッキーニを使って、ブルーチーズで大人のグラタンを作りました。

ブルーチーズだけだと刺激が強すぎるので、ノーマルのとろけるチーズを足して、深みのある味わいにしています。

ホワイトソースと2種類のチーズの中でギュウギュウに詰まった夏野菜は、チーズに負けないくらい濃厚。肉類やマカロニを足さなくても食べ応え十分な一品になりました。

ブルーチーズは、もちろん赤ワインで。そのままスプーンですくって食べても、クラッカーに乗せて食べても美味しいですよ。トロトロ、ピリッと刺激的な大人のグラタン、ブルーチーズが大好きなかたは是非試してください。

材料と作り方

夏野菜のグラタンのレシピ

■使用する材料(2人前)

  • じゃがいも…1個
  • アボカド…1個
  • プチトマト…5個
  • ズッキーニ…3分の1
  • オリーブ…適量
  • 玉ねぎ…1玉
  • にんにく…1カケ
  • クレイジーソルト…適量
  • ブルーチーズ(シート)…2枚
  • とろけるチーズ…100g
  • 牛乳…100cc
  • パン粉…50g
1人前あたりの予算は約300円。それでは作り方です。

じゃがいもは3センチの大きさに乱切りし、玉ねぎとズッキーニは1センチ幅にカットします。

たっぷりのお湯でじゃがいもを茹でる間に、フライパンにスライスしたにんにくとオリーブオイルを入れて、温まったら玉ねぎをキャラメル色になるまで弱火で炒めます。

玉ねぎがキャラメル色になったらズッキーニを入れて、クレイジーソルトを振り、牛乳を注ぎ、一煮立ちさせてください。これでホワイトソースが完成です。

夏野菜のグラタンのレシピ

茹でたじゃがいも、プチトマト、スプーンで一口大にすくったアボカド、オリーブをそれぞれ半量、ホーローの皿に敷き詰め、ホワイトソースを半分注ぎます。その上にブルーチーズを乗せ、更に残りの野菜を敷き詰めて、とろけるチーズとパン粉をまぶしましょう。

夏野菜のグラタンのレシピ

あとはトースターで5分から7分、焼き色がつくまで焼いたら完成です。調理時間は約15分です。

ブルーチーズのいい仕事

夏野菜のグラタンのレシピ

出来上がりはあまりブルーチーズの香りはしませんが、スプーンでひと匙すくい上げると、中からふわっと食欲をそそる青カビの芳醇な香りが立ち上ります。

サクサクのパン粉に、野菜とホワイトソースに2種類のチーズが絡み合って、なんとも贅沢なグラタンの完成です。ブルーチーズの刺激が夏野菜の甘みをよく引き出してくれて、いい仕事をしてくれています。

夫は青カビが苦手ですが、こちらのグラタンは何故か食べてくれます。とろけるチーズとホワイトソースで全体をまろやかにしているからでしょう。

これを出すときは、赤ワインが止まらないのがわかっているので、いつもより1本多めに用意しています(笑)ワイン党のかたは飲み過ぎてもいいよう、休みの前日に召し上がることをおすすめします。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。