1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫アスパラガスとソーセージのグリルの作り方@ラクレット風

アスパラガスとソーセージのグリルの作り方@ラクレット風

アスパラガス

綺麗なアスパラガスが大地宅配から届きました!今回はスパイシーなソーセージと一緒にシンプルなグリルで素材の味を楽しんでみました。

※ アスパラガスは大地宅配で購入したイチオシボックスの中に含まれていました。
【参考】大地宅配のイチオシBOXの感想@定期購入2回目の商品をまとめて紹介

素材の味を楽しむとは言っても、何の飾り気もなければやっぱり味気ありません。じっくり焼き色をつけたら、チーズをたっぷりかけてラクレット風に仕上げています。

フライパンとトースターでできるので、オーブンがないご自宅でも簡単に調理できますよ。

大人数が集まるときはホーローの皿で調理して、そのまま出すだけ!一人で楽しむときは、アルミホイルに包めば、お皿を汚す必要もなく、洗い物が最小限で済みますよ。

ソーセージの種類を変えたら、いろんなお酒に合う万能レシピです。今回は赤ワインを想定して、黒胡椒の効いたものを使っています。

材料と作り方

アスパラガスとソーセージのグリル

■使用する材料(2人前)

  • アスパラガス…5本
  • ソーセージ…4本
  • クレイジーソルト…小さじ2杯
  • 胡椒…少々
  • にんにくチューブ…5センチ
  • とろけるチーズ…2枚
1人前あたりの予算は約300円です。それでは作り方を紹介します。

アスパラガスの皮をピーラーで剥きます。このとき、柔らかい穂先の部分が一番美味しいので、先のほうは節をナイフで削り取るようにしてください。皮剥きができたら、2分の1にカットして、フライパンにオリーブオイルを引き、焦げ目がつくまで焼いていきます。

アスパラガスとソーセージのグリル

焼き色がついたアスパラガスは一旦アルミホイルを敷いたホーロー皿に移動させ、クレイジーソルトと黒胡椒、にんにくチューブをかけておきます。次に、同じフライパンでソーセージをアスパラガスと同様に焦げ目がつくまで火を通してください。

ソーセージをアスパラガスの隣に並べたら、とろけるチーズを被せて、トースターで10分間温めます。チーズにこんがり焼き色がついたら完成です。調理時間は約15分です。

アスパラガスとソーセージのグリル

スパイシーなのにまろやか!

アスパラガスとソーセージのグリル

トースターを開いた途端、ソーセージとアスパラガスに絡み合うとろけるチーズが香ばしい匂いを放ちます。お腹が空いているときは香りだけでワインが進んでしまいそうになりますが、ぐっと我慢して食べましょう。

ソーセージはプリプリで、パリッという音が周りに聞こえるくらいです。アスパラガスも焦げ目が野菜の甘みを引き出していて、スパイシーなソーセージに負けません。

クレイジーソルトと黒胡椒、それににんにくと、かなり刺激的な味つけにも関わらずまろやかなのは、ラクレット風に絡みついたチーズのおかげ。舌の刺激が中和されて、いくらでも食べることができます。

ホーロー皿はこうしたチーズ料理が焦げつかないので非常に便利ですね。ひとつは持ち合わせておくことをおすすめします。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。