1. ホーム
  2. レシピ
  3. 絶品メニュー
  4. ≫パプリカの豆腐バーグ詰めの作り方@ヘルシーな肉詰め料理

パプリカの豆腐バーグ詰めの作り方@ヘルシーな肉詰め料理

パプリカの豆腐バーグ詰めの作り方

みんな大好き、ピーマンの肉詰め!ほろ苦いピーマンとボリュームたっぷりのひき肉がたまらない一品ですよね。

でも、カロリーを気にしている人は躊躇するのも事実。今回はそんなピーマンの肉詰めを、ひき肉ではなく絹ごし豆腐で作ってみました!

使用するのは大地宅配の絹ごし豆腐。きめ細かなお豆腐はそのまま食べてもおいしい!
【参考】大地宅配のお試しセットの口コミはこちら

これを味つけして、ひき肉に近づけます。ちょっとテクニックはいるけれど、覚えてしまえば簡単です。もちろん、豆腐ハンバーグにも流用できるレシピなので、いろんなアレンジが楽しめますよ!

ピーマンは彩りを考えて今回パプリカにしました。ピーマンよりもほのかな甘みが加わるため、お子さまにも大人気間違いなしですよ!

材料と作り方

パプリカの豆腐バーグ詰めの作り方

■使用する材料(1人前)

  • 絹ごし豆腐…100g
  • 玉ねぎ…1玉
  • にんじん…3分の1
  • パプリカ(赤・黄)…各2分の1
  • クレイジーソルト…小さじ2杯
  • ナツメグ…少々
  • にんにくチューブ…5センチ
  • パン粉…100g
  • 片栗粉…大さじ1杯
1人前あたりの予算は約250円。それでは作り方です。

絹ごし豆腐をキッチンペーパーで包み、30分間水切りします。その間に玉ねぎとにんじんをみじん切りにし、弱火でじっくり炒めてください。

飴色になったら粗熱を取り、水切りした絹ごし豆腐とパン粉、クレイジーソルト、ナツメグ、にんにくチューブを入れ、滑らかになるまで混ぜます。

パプリカの豆腐バーグ詰めの作り方

パプリカのヘタ取り、片栗粉を内側にまぶしてください。豆腐バーグのタネを詰めたら、更に軽く片栗粉をまぶしましょう。こうすることで、パプリカとタネが密着し、綺麗な焼き色がつきます。

パプリカの豆腐バーグ詰めの作り方

フライパンにオリーブオイルを引いて、パプリカの皮に焼き色がつくまで火を通し、トースターで5分程度焼いたら完成です。豆腐の水切りの時間を除いた調理時間は約30分です。

トマトピューレでアレンジも

パプリカの豆腐バーグ詰めの作り方

こんがりきつね色に染まった豆腐バーグは、外はカリッ中はフワッの最高の食感。見た目は豆腐感がありますが、ナツメグと飴色玉ねぎとにんにくが効いているから、普通のハンバーグと全く変わらない味つけです。肉厚のパプリカがとてもジューシーでいい仕事をしてくれています。

今回はタレはなしで仕上げました。それでも十分な味と食べ応えです。

もし、見た目をよりハンバーグに近づけたいなら、トマトピューレで軽く煮込むのもありでしょう。お子さまにはこちらのほうが人気があるように思います。

トマトピューレで煮込むときは、パプリカではなくピーマンで作るのをおすすめします。ソース自体に甘みがあるので、ピーマンの苦味が程よく中和されますよ。ピーマン嫌いな子にも好評です。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。