1. ホーム
  2. レシピ
  3. 節約メニュー
  4. ≫さつまいもとツナのオープンサンドの作り方@マヨネーズで仕上げ

さつまいもとツナのオープンサンドの作り方@マヨネーズで仕上げ

さつまいもとツナのオープンサンドの作り方

ツナって便利だけど、液切りがめんどくさいですよね。

オイリーなものだと、液切り工程だけでシンクがベタベタになったり…そんなめんどくさがり屋の私の元に、今回、オイシックスから「液切りしないで使えるツナフレーク」が届きました。
【参考】オイシックスお試しセットの口コミ

パックを開いてスプーンですくうだけ!缶じゃないから嵩張らないという、嬉しいポイント満点のツナと、同じくオイシックスのさつまいもを使って、オープンサンドイッチを作りました。

甘いさつまいもと優しい味のツナの組み合わせはお子さんに大人気。アクセントにマヨネーズを使って、程よい酸味で食欲を誘う一品に仕上げました。お腹持ちもピカイチなので、ゆっくり起きた日のブランチにもってこいですよ!

材料と作り方

さつまいもとツナのオープンサンドの作り方

■使用する材料(3人前)

  • さつまいも…1本
  • ツナ…50g
  • マヨネーズ…適量
  • フランスパン…3切れ
  • バター…少々
1人前あたりの予算は約150円。それでは作り方です。

さつまいもの皮を剥き1センチ幅にカットし、10分間、水を張ったボウルに入れてアク抜きをします。アク抜きが完了したら、鍋に被る程度の水と一緒に入れて、スッと箸が通るまで蒸しましょう。蒸したさつまいもはボウルに入れて、バターを1カケ落としてマッシュにします。

さつまいもとツナのオープンサンドの作り方

フランスパンを2センチ幅にカットし、バターを薄く塗り、半分にマッシュしたさつまいもを、もう半分にツナを乗せます。今回は液切り不要のツナを使いましたが、通常のツナ缶を使う場合は、キッチンペーパーで入念に油を切ってください。

さつまいもとツナを乗せたら、全体にマヨネーズを斜めに細くかけて、トースターで約7分焼きます。途中、何度か中を確認して、フランスパンがこんがり焼けていたら完成です。調理時間は約25分です。

さつまいもとツナのオープンサンドの作り方

秋の味覚とフランスパンの相性は抜群

さつまいもとツナのオープンサンドの作り方

口に運ぶと、フランスパンの香ばしい小麦の匂いとパリパリとした食感、ツナの塩気とさつまいもの甘みが絶妙に絡み合い、秋を満喫しているなあと実感します。マヨネーズの酸味がツナとさつまいもの素材の味を更に際立たせています。絶妙です。

さつまいも以外に、栗やかぼちゃのアレンジもおすすめです。じゃがいもよりも甘みがあって、ツナの風味を引き立ててくれるのです。

このレシピをするときは絶対にフランスパンです。普通の食パンでは香ばしさが足りず、フニャッとしてしまいます。

さつまいものマッシュの食感が柔らかいので、土台のパンはあえてハードなものを使いましょう。パーティーメニューにするときは、クラッカーで代用するとおしゃれになりますよ。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。