1. ホーム
  2. レシピ
  3. 節約メニュー
  4. ≫三種の野菜のナムルのレシピ@大量に作っても100円以下!

三種の野菜のナムルのレシピ@大量に作っても100円以下!

もやしナムル

今日の副菜は100円以内で収めたい!そんなときに簡単でたくさんお野菜が食べられるのが、韓国の家庭料理『ナムル』です。

ナムルを安く作るポイントはもやしをメインにすること。一袋20円前後で購入できるもやしは、節約料理の強い味方です。

どんなお野菜でもマッチするのもナムルのいいところで、もやしの他に、その日の安いお野菜を足せば、ボリューム満点の自家製ナムルの完成です。

ほうれん草やニラといった菜っ葉系とにんじんがあれば、彩りも華やかになります。

今回のレシピではにんじんと、仄かにニンニクの香りがするニンニクの芽を使用しました。

おかずにもおつまみにも変化するナムルは、お醤油を回しかけたあと、ごま油と白ゴマでしっかり香りをつけたら、本場の味になりますよ!

三種の野菜のナムルの材料と作り方

三種の野菜のナムル

■三種の野菜のナムルの材料

  • もやし…1袋
  • にんじん…1本
  • ニンニクの芽…お好きな量
  • 醤油…大さじ2
  • ごま油…適量
  • 白ゴマ…10g
もやしは一袋20円、にんじんは一本20円、ニンニクの芽は40円でした。調味料を除くと80円です。

調味料代を節約したいときは、ごま油と白ゴマ、どちらかひとつでも十分香りはつきます。

作り方は簡単。まず、ニンニクの芽は4センチの大きさにカットします。にんじんはできるだけ薄く千切りしてください。

このとき、千切り用のピーラーがあれば、指を傷つける心配もなく、綺麗ににんじんの千切りができますよ。もやしはさっと冷水で洗いましょう。

そして、熱湯にニンニクの芽とにんじんを入れ、5分間茹でます。少し歯応えがあるほうがお好みの方は、3分で一度硬さを確認します。

ニンニクの芽とにんじんがお好みの硬さになったら、鍋にもやしを入れます。もやしは火が通りやすいので、1分で火を止め、全ての材料をザルに上げます。

ボールに茹で上がったお野菜と、醤油大さじ2杯、白ゴマ10g、お好みの量のごま油を入れて、よく混ぜたら出来上がりです。

ナムル作り

調理時間は10分以内で収まりますよ。

ごま油の香りが良いので晩酌のお供に最高の一品

簡単にお安くできるので、我が家では晩酌のときによく作っています。ごまの香りが食欲を誘い、ビールがよく進みます。冷えても美味しいので、昼のうちにたくさん作って、夕食に出した残りを翌日のお弁当に詰めたりしています。

もやしは傷むのが早いため、日持ちは2日が限度ですが、湯通ししていると消化もよく、いくらでも食べられるので大体は1日でボール一杯分を完食してしまいます。

余裕があるときは、ナムルに蒸したササミを入れるとお腹持ちもよくなり、メイン料理に変化します。茹でて混ぜるだけの簡単な料理なので、独身男性や独り立ち仕立てのお料理に不慣れなかたにおすすめですね。簡単に栄養が取れるので、忙しい人ほど試していただきたいレシピです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。