1. ホーム
  2. レシピ
  3. 節約メニュー
  4. ≫トロトロみかん白玉の甘酒の作り方@風邪の時におすすめ

トロトロみかん白玉の甘酒の作り方@風邪の時におすすめ

トロトロみかん白玉の甘酒の作り方

寒暖の差にやられて、夫がダウンしてしまいました…こんなときはビタミンを摂取することと、体の芯から温まることが一番の薬ですね。今回はオイシックスから届いたみかんを使って、みかんの白玉を入れた甘酒を作りました。
【参考】オイシックス・おいしいものセレクトコースの評価

甘酒といっても、お湯を注ぐだけのインスタントで十分。その代わり、みかん白玉を入れる一工夫で、見た目もほんのりみかん色、インスタントとは思えない立派な療養食に変身します。

白玉は飲み込みやすいよう、あえて緩めに作るのがポイントです。白玉はお餅の代用食品としても有名ですね。喉が腫れて固形物が食べにくい人はもちろん、小さいお子さんから、飲み込む機能が弱くなったお年寄りまで安心して召し上がっていただけますよ!

材料と作り方

トロトロみかん白玉の甘酒の作り方

■使用する材料(1人前)

  • 甘酒(インスタント)…150cc
  • みかん…1個
  • 白玉粉…100g
  • 水…80cc
1人前あたりの予算は約100円。それでは作り方です。

みかんの皮を剥き、白いワタを丁寧に取り除きます。更に、ひと房ずつ薄皮を剥ぎ、実を取り出してください。白いワタが残った状態で薄皮を剥くと、実にワタの筋が残ることがあるので、二段階で丁寧に実だけの状態にしましょう。

下ごしらえができたみかんの実は、水を入れてミキシングします。

トロトロみかん白玉の甘酒の作り方

次に、白玉粉とみかんのペーストを合わせて、よくかき混ぜます。耳たぶくらいの粘度が出たら、鍋に湯を沸かして、ティースプーンで一杯ずつ湯の中にタネを落としていきます。

火が通るとプカプカ浮いてくるので、網ですくって、器に移してください。あまり煮詰めすぎると固くなり、とろみが失われてしまうので、浮き上がってきたらサッと掬うのがいいでしょう。

トロトロみかん白玉の甘酒の作り方

みかん白玉を入れた器に、インスタントの甘酒をゆっくり注いで完成です。調理時間は約10分です。

ほんわか体に沁みわたるビタミンの味

トロトロみかん白玉の甘酒の作り方

ほんのりみかん色の甘酒、鼻を近づけると、ふわっと柑橘の爽やかな香りと柔らかい麹の香りがします。口に含むと、優しい甘みが広がり、みかんの風味が仄かに漂います。

とても優しい酸味です。スプーンで掬った白玉は形を少し残す程度、プルプルとしていますね。舌の上に乗せた途端、濃いみかんの味と共にジワーっととろけていくんです。

トロトロしていますが、キレがよく、喉に張り付く感じはしません。飲み込むと一気に胃袋まで落ちてくれます。これなら火傷や喉に詰まらせる心配はありませんね。

フレッシュなみかんの香りが口を爽やかにしてくれるので、体を温めつつ、気分転換できます。食が進まない長患いのかたにぴったりの一品となりました。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。