1. ホーム
  2. レシピ
  3. 節約メニュー
  4. ≫白菜とベーコンのスープのレシピ@スパイスで甘みを引き立てた優しい味

白菜とベーコンのスープのレシピ@スパイスで甘みを引き立てた優しい味

白菜とベーコンのスープのレシピ

白菜は鍋の定番の具材ですね。ただ、お鍋に入れると、どうしても脇役になりがち。今回はそんな不遇の冬野菜、白菜を使って、体の芯から温まるスパイススープを作りました。

使用したものはミレーから届いた立派な白菜。包丁を入れると糖分がじわっと滲み出る、芯のしっかりしたものを使っています。

白菜と合わせたスパイスは、コリアンダーとクミンの2種類です。どちらもカレーによく入れるものですが、白菜の甘みを引き立ててくれる、いい役割を果たしています。

このスープのポイントは水を一切使わないところ。出汁はじっくり炒めたベーコンから取り、白菜から滲み出た水分がスープになっています。スパイシーなのに、どこかホッとする味になっていますよ。

材料と作り方

白菜とベーコンのスープのレシピ

■使用する材料(2人前)

  • 白菜…4分の1
  • ベーコン…80g
  • クミン…小さじ1杯
  • コリアンダー…小さじ1杯
  • オリーブオイル…大さじ1杯
1人前あたりの予算は約100円。それでは作り方です。

白菜はよく洗って2センチ幅、1センチの長さにカットし、ザルにあげておきます。ベーコンも白菜と同じ大きさにカットしてください(今回はあらかじめカットされたものを使用しています)。

鍋にオリーブオイルを引いて、ベーコンに焦げ目がつくまで炒めます。このとき、なるべく弱火でじっくりベーコンから油を引き出してください。

白菜とベーコンのスープのレシピ

ベーコンがいい焼き具合になったら、白菜を入れて、10分間弱火で落し蓋をします。白菜から水分がジワジワ出てくるはずですが、火力が強すぎると水分が蒸発してしまうので、時々中を確認してくださいね。

白菜とベーコンのスープのレシピ

白菜がしんなりして、ヒタヒタになるくらいのスープができていたら、クミンとコリアンダーを入れて、満遍なくかき混ぜて完成です。調理時間は約20分です。

スパイシーだけど優しい味。飲んだ後は体がポカポカ

白菜とベーコンのスープのレシピ

材料を見ると、塩がないことに気づかれると思います。スープの塩分はベーコンの旨味のみで、出汁もじっくり炒めたベーコンから抽出しています。ですので、口に含むと複雑な味わいに驚くはずです。

スープの水分は白菜の甘みを十分に含んでおり、砂糖を使っていないにもかかわらず、どこか甘辛い仕上りに。

これは美味しい。この天然のスープを、クミンとコリアンダーというクセの強いスパイスがグッと引き締めてくれています。

鍋に入れると実感できなかった白菜の存在感は、水を加えないことで100パーセント旨味を凝縮され、これでもかというほどに主張しています。冬の立派な白菜を味わうにはもってこいの一品でしょう。スパイス効果で体も温まりますよ。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。