1. ホーム
  2. レシピ
  3. 節約メニュー
  4. ≫自家製味噌玉のレシピ@たくさん作ってどこでもお味噌汁

自家製味噌玉のレシピ@たくさん作ってどこでもお味噌汁

自家製味噌玉のレシピ

バタバタと忙しい朝ごはんや職場での昼ごはんでゆっくりお味噌汁まで飲むことってなかなか難しいですよね。今回はたくさん作ってどこにでも持っていける味噌汁の素、味噌玉のレシピを紹介します。

我が家の朝ごはんは主人がパン派で私がごはん派なので、この味噌玉に出会うまで、味噌汁を飲みたくても一人分だけ作るのがずっと面倒でした。今は冷凍庫にいろんな種類の味噌玉を作り置きして、その日の気分や体調に合わせてカップに入れてお湯を注ぐだけ。まるで紅茶感覚で毎朝のお味噌汁を楽しんでいます。

今回使った食材は無農薬無肥料栽培で育てられたマミーズストアの長ネギと、ピンク色が可愛らしい生麩。包み方次第で見た目も華やかになるので、ぜひお試しください。
【参考】マミーズストアお試しセットの口コミ@おしゃれなパッケージの無農薬野菜

材料と作り方

自家製味噌玉のレシピ

■使用する材料(1人前10日分)

  • 味噌…150g
  • 生麩…100g
  • 長ネギ…青い部分10センチ
  • 出汁昆布…2枚
  • かつおぶし…ひとつかみ
  • 生姜…5センチ角
1人前あたりの予算は約200円。それでは作り方です。

生姜と出汁昆布を1センチ幅にカットし、かつおぶしを加えてミキサーにかけます。出汁昆布とかつおぶしが満遍なくみじん切り状態になったら、味噌と練り合わせて10分間馴染ませてください。

自家製味噌玉のレシピ

その間に、長ネギを小口切りにして、熱湯でさっと茹で上げます。しんなりしたら流水で冷やし、キッチンペーパーでよく水気を切りましょう。先ほどの味噌と出汁昆布、かつおぶしを練り合わせたものに長ネギを加えます。

15センチ幅にラップを広げて、1センチ幅にカットした生麩を乗せ、その上から味噌ペーストをスプーン1杯分乗せます。

自家製味噌玉のレシピ

ラップの4隅を合わせて真ん中にペーストが来るようにし、ペーストを丸めるようにクルクルとラップを絞ってください。ペーストから空気が完全に抜けたら、絞り目をマスキングテープで留めて完成です。調理時間は約15分です。

見た目も可愛くてアレンジ自在!本格インスタント

自家製味噌玉のレシピ

お湯を注ぐとこの通り、簡単に本格出汁のお味噌汁が出来上がります。顆粒だしを自作しているので、市販品のカップ味噌汁より深い味。こんなに簡単なのに、きちんと作った味噌汁の味がします。

生麩を先にラップに乗せると、絞ったあとに外からピンクの生麩が見えて、簡易味噌汁なのにテンションが上がります。マスキングテープも可愛いらしい色のものを使うと、お弁当箱に入れて持ち歩きたくなりますよね。

冷凍庫で1ヶ月もつので、休みの日にいろんな種類のものを作って、種類別にジップロックに入れて保存しています。絞り目は輪ゴムで留めても構いませんが、マスキングテープだと油性ペンで具材を書けるため非常に便利です。

今回は味噌を使いましたが、牛乳と小麦粉を練り合わせてコーンとコンソメを入れると即席コーンスープにもなります。アレンジ自在なのでいろんな味噌玉で楽しんでくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。