1. ホーム
  2. レシピ
  3. 節約メニュー
  4. ≫野菜の栄養たっぷり節約ミネストローネのレシピ@カレールーを入れても美味い

野菜の栄養たっぷり節約ミネストローネのレシピ@カレールーを入れても美味い

野菜ミネストローネ

私がおすすめしたいのは野菜の栄養たっぷりの『節約ミネストローネ』です。

この料理の最大の魅力は、冷蔵庫に残っている傷みかけた野菜や、スーパーで売られているおつとめ品コーナーにある少し古くなった野菜など、どんな野菜でも使うことができるという点です。

旬のお買い得な野菜や、自分の好きな野菜だけで作ることも出来るのでとてもリーズナブルに作れます。

また、野菜を多く使うことによって身体にとても優しく、デトックス効果や、ダイエット効果が期待できます。

便秘や肌荒れも改善できるので、野菜不足や栄養不足の方にもおすすめです。

自分の今足りていない栄養素を考慮して野菜を選ぶこともできるので、使う野菜によって毎回少し味がかわるので飽きがこないところもいいところです。

また、たくさん作ってあまった場合、カレーやリゾットとしてアレンジが出来るので、とても汎用性の高い節約レシピです。

野菜の栄養たっぷり節約ミネストローネの作り方

野菜

今回使う野菜は、玉ねぎ、人参、南瓜、ブロッコリーの茎、しめじ、キャベツです。野菜はなんでも良いので、あまっているものを使いましょう。

作り方ですが、玉ねぎ1個、人参2本を細かく切って鍋に入れます。

そして、固形のコンソメスープの素を1つ入れて野菜が浸るくらい水をいれ、15分ほど中火で煮ましょう。玉ねぎ・人参が柔らかくなったら、他の野菜を細かく切り、鍋に加えさらに10分程煮ます。

その後トマトのホール缶1缶を加え5分程煮たらできあがりです。野菜がくたくたになってどろっとしたスープの方が好きな方はもう少し煮てください。

使う野菜に関しては他に、ピーマン、ほうれん草、トマト、じゃがいもなどを入れても美味しく出来ます。使い道があまりない、でも栄養はたっぷりであるブロッコリーの芯など入れるのもおすすめです。

今回のレシピは4人分で、トマトホール缶100円、人参1本30円、玉ねぎ1個30円、ブロッコリーの芯50円、しめじ100円、キャベツ4分の1個が50円、コンソメ固形1個15円、合計375円。

一人あたり100円かからずに作ることが出来ます。

カレールーを入れると美味しい野菜カレーに早変わり

ミネストローネカレー

その他、スープが残ってしまった場合には、この中に固形のカレールーを入れ野菜カレーにアレンジしたり、ご飯をいれて煮込み、チーズをかけて食べると美味しいリゾットにもなるのでおすすめです。

野菜のうまみはたっぷり詰まっていて、ほんのり甘くてとっても美味しいです。

玉ねぎや人参の甘みやしめじの旨味や香りがトマトの酸味とマッチして、とてもまろやかにしてくれるので、野菜が苦手な方でも食べやすいスープだと思います。

身体が温まり、代謝のあがるのでとても健康的で、自分の好きな野菜で作ることができるので、飽きません。

お料理が苦手な人でも短時間で簡単に作ることができますし、野菜の食感も煮る時間によって調整できます。野菜の食感を楽しむこともできますし、野菜のどろっとした美味しさを味わうこともできます。

作りすぎてしまった場合は、リゾットにしますが、チーズと胡椒をかけるとまろやかさが増し、本当に美味しいです。カレーの場合は少し、ハヤシライス風になり、トマトの酸味が食欲を増進させてくれます。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。