1. ホーム
  2. レシピ
  3. 節約メニュー
  4. ≫人参といちぢくの杏仁豆腐の作り方@つぶつぶの食感がたまらない

人参といちぢくの杏仁豆腐の作り方@つぶつぶの食感がたまらない

人参といちぢくの杏仁豆腐

中華料理のデザート、杏仁豆腐!あの独特な甘い香りが大好きで、中華に限らずおやつとして食べたい!というかたも多いのではないでしょうか。今回はそんな子どもから大人まで大人気の杏仁豆腐を、にんじんといちぢくを使ってアレンジしてみました。

にんじんは大地宅配※から届いた低農薬のもの。そのまま食べても甘くておいしい立派なにんじんです。いちぢくと合わせることで、よりデザートに合う食材となりました。

※ 大地宅配で定期購入中のイチ押しBOXに入っていたにんじんは次の記事で確認できます。
【参考】大地宅配の定期会員を始めました@イチオシBOXの購入レビュー

杏仁豆腐の癖のある甘みがにんじんの野菜っぽさを打ち消し、いい部分を引き出してくれるので、頑固なにんじん嫌いのお子さんでも気づかずにパクパク食べてくれます。これにんじんだよ、というとびっくりされるんです。苦労されているお母さんは必見ですよ!

材料と作り方

人参といちぢくの杏仁豆腐と材料

■使用する材料(5人前)

  • にんじん…1本
  • いちぢく(大)…2個
  • 杏仁豆腐の素…5人分
  • 牛乳…200cc
  • 水…200cc
1人前あたりの予算は約100円。それでは作り方です。

杏仁豆腐の素はお湯で溶かして牛乳と混ぜるタイプのものを選んでください。今回使ったのは、牛乳200ccとお湯300ccを混ぜるタイプのもの。ただし、にんじんといちぢくから水分が出るので、水を100cc減らしています。

にんじんを3ミリのいちょう切りに、いちぢくは皮を剥いてザク切りにします。牛乳と一緒にミキサーで完全に撹拌してください。このとき、にんじんの塊が残っていると味に影響が出るので、何回か止めて滑らかになっているか確認しましょう。

人参といちぢくの杏仁豆腐

水200ccを沸騰させ、杏仁豆腐の素を入れてダマにならないよう溶かします。完全に溶けたら、にんじんといちぢくをミキシングした牛乳を混ぜて、全体の色が均一になるまで溶かしてください。粗熱を取って、2時間ほど冷やしたら完成です。冷やすのを除いた調理時間は約5分です。

人参といちぢくの杏仁豆腐

これってオレンジ?いいえにんじんです!

人参といちぢくの杏仁豆腐

スプーンですくい上げるとプルプル!にんじんを入れているのにちゃんと固まっています。私は子どもの頃、風邪を引いたときによくこのにんじん入り杏仁豆腐を作ってもらっていました。

杏仁豆腐自体、薬膳の一種で咳止めに効果があるそうです。にんじんのビタミンと杏仁豆腐で風邪を撃退していたんですね。喉が痛いとき、優しい口当たりの杏仁豆腐には本当に癒されていました。

滑らかにミキシングされたにんじんは鮮やかな色と栄養はそのままに、あまり主張しません。にんじん嫌いのお子さんに「オレンジが入っているの?」と尋ねられたくらいです。いちぢくの存在感のほうが優っていますね。つるんとした杏仁豆腐に隠れたプチプチ食感が楽しいです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。