1. ホーム
  2. お役立ち
  3. 野菜の種類
  4. ≫有機野菜とはどんな野菜?基準やおすすめの購入方法を詳しく解説

有機野菜とはどんな野菜?基準やおすすめの購入方法を詳しく解説

野菜

有機野菜という言葉から何を連想するでしょうか。検索してみると、無農薬・エコ・体にいい・味が濃い・そんなキーワードが出てきます。

しかし、いずれもぼんやりとしたイメージでピンときませんよね。

実は有機野菜には国で定められた基準があります。その基準を満たさないものは有機野菜という名称で販売することはできません。しかし、法の目をかいくぐって、あやふやな表記で販売する業者も存在していることも事実です。

そこで今回はあまり知られていない有機野菜の基準や育て方を徹底解説するとともに、正真正銘の有機野菜を安心して購入できるおすすめの宅配野菜サービスを紹介します。

あやふな表記で販売する業者にだまされないように、ぜひ本記事で正しい知識を身に着けてくださいね。

有機野菜の認定制度

有機野菜は農林水産省の特定機関が検査しています。その条件は次の通りです。

  • 種をまいて1年以内に収穫できる農作物は2年以上、何年間も種換えの必要がない農作物は3年以上、化学農薬・化学肥料を使用せずに栽培していること
  • 有機肥料は重金属が含まれていないものであること
  • 土壌や施設、農具に禁止農薬・化学肥料の飛散がないこと
  • 種は遺伝子組み換えでないこと
  • 害虫駆除に化学農薬を使用しないこと
  • 労働条件を守り、生産者にも優しい農家であること
  • 上記の条件を管理するシステムを社内に作ること
以上の条件をクリアした農家の野菜には、有機野菜の名称で販売することが許可され、有機JASマークと呼ばれるマークがパッケージにつけられます。

有機JAS

こちら(↑)有機JASマークがない農作物や加工食品に「有機」「オーガニック」といった表示、またはそれと誤解するような販売をすることは法で厳しく禁じられています。

有機JASマークを取得するまで、取得したあと

まずは農林水産省の認定機関から申請書類を入手します。記入するには有機JASマークの基準について熟知する必要があるので、ここで講習を受ける人もいるそうです。

有機JASマークを取得するまでに最低2年から3年の時間がかかるのですが、その期間に作られた野菜は「転換期間中農作物」という表記が許可されます。

その後、書類審査を経て、実地検査、実際に農作物や畑、農具が基準を満たしているか検査が行われ、合否判定になります。

合格し、有機JASマークが交付されたあとも、定期的に実地検査が入るので、一度きりではなく継続して基準を満たす努力が必要です。

有機野菜でも農薬は使用している

有機野菜は全くの無農薬で育てられるわけではありません。無農薬で野菜を作ると虫食いや寄生虫の危険性があるため、指定された農薬なら使うことができるようになっています。

菜種油やデンプン、シイタケ菌糸、石灰など、天然成分由来の農薬が主となります。また、それらの用途も「保管施設で使用する場合に限る」「捕虫器に使用する場合に限る」と用法用量が制限されています。

立派な有機野菜を育てているのは有機肥料

土付きニンジン

有機野菜はスーパーに並んでいる野菜と比較すると、とても大きく味の濃いものが多いです。美味しい有機野菜を育ててくれるのが、たっぷりの栄養を含む土。肥料を全く使わないで種をまいても、野菜は大きく育ちません。

野菜を育てるのに必要な栄養はリン、窒素、カリウムです。これらをバランスよく調合したものが、一般に使われる化学肥料です。

化学肥料は確かにバランスはいいのですが、栄養価が高すぎて畑に虫を引き寄せやすく、その虫を退治するために強い農薬が必要になる悪循環を起こします。また、栄養過多が原因で土が腐敗することも。

野菜に吸収されずに余った肥料は亜酸化窒素ガスに変化、空気中に放出されるため、大気汚染の原因にもつながります。

有機農法では化学肥料を使わず、枯れ葉を熟成させた植物由来の肥料と、動物のフンを使った動物由来の肥料を使用。

もともと土に還るものを使った肥料なので、余ることなくグングン栄養を吸収し、立派な野菜を実らせます。

オススメの宅配有機野菜3選

1.ビオマルシェ

ビオマルシェ

100パーセントオーガニックを宣言しているビオマルシェは国内の有機野菜の約10パーセントをシェア。

全ての商品に有機JASマークがついているから、安心して注文することができます。
ビオマルシェお試しセットの口コミ・評価@有機JAS認定で味も抜群に美味しかった

2.ミレー

ミレー

季節により一部商品で有機JASマークを取得しているミレー。

公式サイトに有機JAS認定野菜ページを設けています。トップページからクリックして該当ページに飛べるので便利ですね。
ミレー宅配野菜お試しセットの口コミ・評価@美味しい無農薬野菜が味わえる

3.おーがにっくがーでん

おーがにっくがーでん

「有機JASの基準に満たない野菜は売りません」と頼もしい言葉を表明するおーがにっくがーでん。

もちろん全商品有機JASマークを取得。有機野菜を使った野菜パウダーも販売しています。
おーがにっくがーでん有機野菜お試しセットの口コミ@実際に購入して料理してみた

まとめ

ちまたでよく耳にする「有機野菜」という言葉、今回紹介した内容を理解していただければ本物の有機野菜かどうか見分けられるはずです。

なんと、国内で作られている野菜の中で、有機JASマークを取得しているのは0.24パーセントの野菜のみ。

農林水産省が調査し、基準を満たしていない販売業者には指導を行っていますが、現在も誤解を生むような表記は横行しています。

そんな中で、有機JASマークを取得した宅配野菜は信頼の証。前項で紹介した宅配野菜は、お手頃なお試しセットで本物の味を確かめることができます。

ぜひこの機会に有機野菜のおいしさを味わってみてください。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。